私たちはこんな仕事をしています

私たちは「子どもたちの最善の利益を考慮し、その福祉を増進する」を理念とし、 
3つの保育園と子育て支援センター、1つの認定こども園を運営しています。 
現在、少子化の進行、家庭環境や地域環境の変化も進んでいます。 
そんな状況の中、保護者さんたちの多様化するニーズに答えるため、 
待機児童を少しでも減らすため新たなことに挑戦し続けています。


当社の魅力はここ!!

企業理念

「のびのび」やりましょう。

子どもものびのび、職員ものびのびやって欲しい。これが当園の目指す姿です。実は現在、入園の依頼を残念ながらお断りしている状況です。子どもたちを見る先生たちに、無理をさせたくないからです。また、保育士1人当たりの子どもの人数も4,5歳児で20人と少なめ。子どもたち一人ひとりにきちんと向き合える人数に設定しています。子どもたちが帰った後に山のような事務作業をする事もなくなるように、専用のアシスタントも付いてくれます。保育士さんの負担を出来るだけ減らすことが、いい保育園になるには欠かせないと考えています。


やりたいと思ったことはほとんど実行できます。

社風・風土

「夏はプールで体が冷えるから、ドラム缶風呂にでも入りません?」ある保育士さんが放ったこの一言で、当園では夏のドラム缶風呂がプールとセットで恒例行事になりました。子ども向けのイベントだけに限らず、職員向けの保育学の勉強会なども職員自ら企画、実行しています。保育業界では有名な方を呼び講義をしてもらうこともありますよ。まずは職員の意見を聞く事がここの方針です。職場外でも変わらず、社員旅行でも行き先、やりたい事、見たい物をほとんど職員の意見で決めています。あなたの「やってみたい」も、ここで実現してみませんか。


施設・職場環境

こどもの感性を伸ばす、自慢したくなるような施設

当園には専属のデザイナーがおり、内装やレクリエーションに力を入れています。五感を育てるワークショップは、大人から見ても楽しそうな内容ばかりです。絵本作家の方が作ったカラフルで大きなオブジェがあったりと、明るい気持ちに自然となれるような環境づくりに力を入れています。そんな環境だからか、職員同士関係も良好。プライベートでも付き合えるほど仲がいいんですよ。一番のベテランでは30年勤めており、一度ここを辞め保育業界から離れた人でも、また戻ってくる人が多いんです。「またここで働きたい。」と思ってもらえるような居心地のよさが自慢です。


みなさんにはこんな仕事をしていただきます

主に担任として、養護及び教育を一体的に行い、保護者に対する支援、 保育に関する指導及び地域の子育て家庭に対する支援等を行っていただきます。 また、行事などの園運営に関わる役割を分担して担当していただきます。


求人エントリーはこちら

プレエントリーするには、下の「次へ」ボタンを押してください

※入力欄がある場合は、数字は半角、カタカナは全角でご記入ください。

※回答に時間が掛かる場合には、事前に文書作成ソフトなどを使って回答を作成・保存しておき、送信時に入力欄へコピー&貼り付けすると便利です。